ここから本文

電源立地地域対策交付金事業

電源立地地域対策交付金は、発電用施設の立地地域・周辺地域で行われる公共用施設整備や、住民福祉の向上に資する事業に対して交付金を交付することで、発電用施設の設置に係る地元の理解促進等を図ることを目的として交付されます。

白川町内には、6つの発電用施設があります。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

⇒ 電源立地地域対策交付金を活用した事業概要の公表について(岐阜県庁ホームページ)