ここから本文

犬の登録及び狂犬病予防注射について

犬の登録及び狂犬病予防注射について

狂犬病予防法第4条により、犬を飼いはじめた時は、市町村に登録をすることが義務付けられています。
登録した犬には「鑑札」を交付しますので、必ず首輪につけてください。

鑑札があると、脱走してしまった時や災害が発生した時に、誰が飼い主であるかすぐ分かります。

 

狂犬病予防接種について

また、狂犬病予防法第5条により生後90日以上の犬は、年1回の「狂犬病予防注射」を受ける必要があります。

登録された犬の飼い主宛に、毎年5月までに集合注射の案内が届きますので、案内の会場にお越しください。
予防注射を打った後に「注射済票」を交付しますので、首輪に付けてください。

なお、犬の健康状態により予防注射が受けられない場合には、獣医にて「注射猶予証明書」を発行してもらえます。

 

登録料

新規登録 3,000円
注射済票 550円
「鑑札」「注射済票」を失くされた場合には再発行します。
※ 再交付手数料 「鑑札」1,600円 「注射済票」340円

役場建設環境課環境係もしくは、各地区ふれあいセンターで登録が可能です。

 

狂犬病について

狂犬病とは、狂犬病ウイルスによって起こる感染症で、人間を含めすべてのほ乳類が感染します。発症すれば100%死亡することとなる恐ろしい病気です。
世界のほとんどの地域で発生しており、狂犬病による死者は年間3万~5万人といわれています。日本では、1957年以降の発生はありませんが、近年、海外で犬に咬まれて感染した方が帰国後に発症して死亡した例も確認されています。

平成25年には、隣の国、台湾で狂犬病が発生しました。
原因は輸入品を運ぶ船にタヌキやイタチが潜んでいた可能性も指摘されており、必ずしも犬だけが原因とは言えない状況です。

 

■各書類は以下をダウンロードしてお使いください。

 

■関連リンク

狂犬病について(厚生労働省ホームページ「狂犬病に関するQ&A」へ)