ここから本文

特定外来生物の駆除について

オオキンケイギクとオオハンゴンソウが繁殖しています。

町内で、オオキンケイギクとオオハンゴンソウが繁殖しています。
この花は、キク科の植物で綺麗な黄色の花を咲かせます。
一昔前までは、川の土手や、工事の土留めとして使用されていましたが、
北米原産の種類で、現在では特定外来種として駆除の対象となっています。

 

オオキンケイギク

一斉に黄色の花を咲かせるため、一目見るととてもきれいですが
一度花を咲かせると一気に広がっていき、日本古来の草花の生育を妨げます。

 

オオハンゴンソウ

こちらも黄色の花を咲かせ、真ん中が黒っぽいのが特徴です。
花びらは大きく下に垂れているのですぐに分かります。
オオハンゴンソウは、自分の周りに同じ種類の花しか生えさせないようにする
特殊な能力があり、周りの生態系にも悪影響を与えます。

 

駆除方法について

地域の草刈り作業でも、綺麗ということでわざわざ残している自治会もありますが
これらの花は、種と株から増殖していくため、あっという間に広がってしまいます。
根こそぎ抜き取って焼却処分することが大切です。

これ以上の繁殖を増やさないため、皆様の協力をお願いします。

こちらの資料もご覧ください。⇒『ちょっと待って!その花、特定外来種かも!?』