ここから本文

結婚するとき(婚姻届)

届出期間

期間の定めはありません。(届出をした日から法律上の効力が発生します。)

届出地

①夫、妻となる人の住所地
②夫、妻となる人の本籍地

必要なもの

①婚姻届 1通(届出人と証人の署名、押印が必要です。) ※ 証人になれる方は20歳以上の方です。
②婚姻届に押印した届出人2人の印鑑
③戸籍謄本 1通 ※ 夫、妻となる人の本籍地が婚姻届を提出する市区町村の場合は不要
④届出人の本人確認ができるもの
※ 本人確認できるものとは、「運転免許証」、「パスポート」など、官公署が発行し写真が貼付されているものです。

届出人

夫及び妻となる人

未成年者の婚姻について

・婚姻できる年齢は、男性18歳、女性16歳からです。
・未成年者(20歳未満)の方の婚姻には、父母(養父母)の同意が必要です。

その他

該当する方は、次のものを持参してください。
・国民年金に加入している方・・・国民年金手帳
・国民健康保険に加入している方・・・国民健康保険被保険者証 ※婚姻届の用紙は、市区町村の住民窓口担当係にあります。

土日、祝祭日の届出について

婚姻届は役場本庁でお預かりしますが、書類の審査は、休日明けに戸籍担当者が行います。
休日の届出を希望される方は、事前に戸籍担当者の審査を受けてから届出をするようにしてください。

※ご注意ください※

休日は、住所変更の手続きができません。住所変更が必要な場合は、月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く。)の午前8時30分から午後5時15分までに手続きしてください。

ご結婚にともない、住所変更される方はこちらもご覧ください。

町外から引っ越しする
町外へ引っ越しする
町内で引っ越しする