ここから本文

ふるさと定着促進補助金(返還した奨学金の補助)制度をご利用ください

白川町では、移住定住推進策の一環として、奨学金を受けて大学等に進学し、卒業後にUターンやIターンで白川町に移り住まれる方が返還している奨学金の一部を補助します。

対象者

次の要件をすべて満たすことが必要です。

① 奨学金の貸与を受けて大学、短大、専修学校専門課程に進学した者
② 補助申請の前年度中に奨学金等(返還期間が9年以上のものに限る。)を返還している者
③ 補助申請の前年度から引き続き白川町に住民登録があり、居住している者
④ 転勤等により一時的に住民登録した者でないこと。
⑤ 町税等を滞納していないこと。

更に、次の要件のいずれかを満たすことが必要です。

ア 平成26年4月1日以降に奨学金等の返還を開始した者
イ 平成26年4月1日以降に新たに白川町に住民登録した者
ウ 平成26年3月31日以前から白川町に住民登録があり、奨学金等の返還をしている者のうち、平成29年4月1日現在で30歳未満の者
(※注) 住民登録していても、居住の実態がないと判断される場合は、対象者とならない場合があります。

補助金額

補助金額は、前年度中に返還した奨学金の額とし、年間12万円を限度とします。
※前年度の途中で転入した方は、その月数により按分します。

補助期間

補助対象年度は、10年間とします。

注意事項

申請は、毎年度必要です。
また、補助期間は10年間ですが、この事業が10年間継続されることを保証するものではありません。

各書類

ダウンロードしてご覧ください。